初めてのヒゲ脱毛、最近の人気デザインは?

流行りのメンズ脱毛、男性に人気の脱毛部位は?

MENU

輪郭をすっきりと見せるデザイン

サイドバーンと呼ばれるヒゲ脱毛のデザインですが、これは頬から顎にかけてのフェイスラインに沿って薄く均等に整えてヒゲを生やすデザインで、このヒゲ脱毛をすることで顔の輪郭をすっきりとさせることが可能となります。

 

要するにフェイスラインから口、顎全体にヒゲを生やすタイプのデザインで、ヒゲがセクシーと呼ばれている男性の人気があり、いつの時代でも流行りのデザインとなっています。

 

このデザインが似合う男性の特徴としては、顔が四角い顔立ちの方やエラが張っている男性で、エラの出っ張りがヒゲによってぼやけた印象になるので非常に相性が良いでしょう。

 

しかし、頬の部分を除いてフェイスライン全体に適量のヒゲを生やす必要があるので、ヒゲの量が多ければヒゲ脱毛で作ることができますが、そもそもヒゲが薄い方にはできない形でもあります。

 

また手入れの方法が悪いと、ただの無精ヒゲになってしまい清潔感がなくなる恐れがありますので、注意が必要です。

逆三角形型と日本人離れした顔に適した脱毛

今流行りのヒゲ脱毛ですが、中でも顎ヒゲだけを残したデザインも非常に人気が高い形になります。芸能人の中にも多い形ですが、このような形が適している顔の形は逆三角形型の顔立ちになります。

 

逆三角形型の顔立ちの方は顎がやや尖った印象を持つ男性が多いので、そのような方は顎ヒゲだけを残していると、尖った印象をカバーすることができますので、柔らかい印象をすることができます。

 

ただし、顎下から首にかけてのヒゲの量によっては清潔感にかけた印象になりますので、その辺はヒげ脱毛で調節をする必要があります。

 

次に日本人離れした顔立ちの男性が適している形は囲みヒゲと呼ばれる形で、鼻下から口の量サイド、顎にかけてのヒゲを全て結ぶことで口を囲むような形にするデザインで、特に欧州の男性に人気が高い形になります。

 

ですので、日本人でも日本人離れした顔立ちの方には適している形ですが、手入れ方法が悪いといわゆる泥棒ヒゲになる恐れがありますので注意してください。

ヒゲ脱毛はお手入れとバランスが大切

ヒゲ脱毛で流行りのデザインは様々ありますが、当然完全にツルツルにしてしまえば清潔感もありますし、その後のお手入れの必要もありませんが、ある程度のヒゲを残したまま脱毛をする場合には、お手入れとバランスが非常に重要になってきます。

 

これはヒゲの量や濃さによっても印象が変化してしまうので、例えば顎下の首の部分のヒゲが濃い方の場合には、顎ヒゲだけを残すヒゲ脱毛をしたとして逆に濃いヒゲが協調される恐れがあります。

 

ですので、自身のヒゲの量や濃さにも注目をした上で、ただ形を作るヒゲ脱毛を行うのではなく、目指しているデザインに合うヒゲの量や濃さにするようにヒゲ脱毛をする必要があります。

 

また、ヒゲの量が多かったり濃い場合には、脱毛をすることで調節をすることができますが、逆にヒゲが薄かったり量が少ないことで希望の形にできないケースがありますので、そのような点に関してはメンズ脱毛サロンに相談をして決めていくと良いでしょう。